« アマデウス | トップページ | 鼻毛 »

ソクラテスの弁明


哲学の祖といえば、ソクラテスということで、弟子のプラトンが書いた本です。
この本には、ソクラテスが無知の知を説いて、当時の政府?に捕まり、自ら毒を飲むに至った際の話が書かれています。

翻訳が良いのか、初期の哲学であるためか、比較的に読みやすく、内容も理解しやすくなっています。

時代を追って、現代に近づくほど、哲学関連の書籍は、難しく、何を言いたいのか、さっぱり判らなくなっていきますが、私でも理解できるレベルです。

一度、読んでみると面白いかも知れません。

|

« アマデウス | トップページ | 鼻毛 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67570/5801529

この記事へのトラックバック一覧です: ソクラテスの弁明:

« アマデウス | トップページ | 鼻毛 »