« 2005年11月 | トップページ | 2006年6月 »

世界が少し実感できる

Ciao from Asmara!というサイトがあります。

このサイトは、在アフリカ歴7年半のユニセフ職員のブログサイトです。

このユニセフ職員、私の友人です。最初に勤めた会社の同僚です。その会社は、もう清算し、存在しませんが・・・

さて、このアスマラは、
エリトリアという国の首都です。日本ではほとんど知られていません。

在留邦人が5人しかいないという国です。


私も彼から話しを聞くまでは、そんな国の名前など知りませんでした。今でも、アフリカのどこにあるかは分かりません。

Wiki(日本語:エリトリア)Wiki(日本語:アスマラ)では、少ししか分かりません。

ちなみにWiki(英語:Eritrea)では、それなりに詳しく紹介されています。

ちゅーか、よく読むと、英語版を翻訳しているだけじゃねーか、これ!!しかも、中途半端に!!

まあ、日本人にとっては、その程度の国なのかも知れません。

2000年6月まで、戦争をドンパチやっていた国です。実際に、外務省の海外安全ホームページを見ると、
南部のエチオピアとの国境付近では「退避を勧告」が出ています。
 
他にも、渡航延期やら渡航の是非を検討しろだのと・・・安全な場所がない・・・

・・・要は旅行には行くな!という国です。
あんた!「菊ちゃん」よく行ったよね、そんな国、ユニセフ職員だからって選べるでしょうに・・・

それはさておき、彼のブログは、そんな国での開発援助や日々の生活などが綴られています。

淡々と面白可笑しく書かれている日記ですが、”ゲリラ”や”退去命令”や”難民”など日常の日記?とは思えないキーワードがちょくちょく出てきます。

しかし、これがこの国の現実なんでしょうね・・・友人でもいなければ、こんな国のことは考えもしませんでした・・・

ほんの少しだけ、日本以外の国のことも知ろうと思った今日この頃です。


PS.写真を見ると、彼、少し頭薄くなったか・・・オデコ微妙に広がったような・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年6月 »