« スパム、スパム、スパム!! | トップページ | 名前 »

怠けものよ、こんにちは


第一印象は、筒井康隆の小説を読んでいるような感覚に陥りました。

ブラックユーモアなのか、別の側面から見た真実なのかは、読んだ人が判断すべきでしょうが、フランス人の感性というのは、農耕民族の日本人とは一線を画すものがあるちゅーか、ここまで、あからさまに、このような皮肉を、はっきりと言えるものかと!

最後の10ヶ条は、非常に参考になる!・・・かどうかは別として、

こういった見方は、奴隷になる前にできるようになったほうが良いでしょう・・・

労働「travail(フランス語)」 という単語の語源は、

  ⇒ 「tripalium(ラテン語:3本の尖った杭=拷問の道具)」

という言葉だそうです。


別に太字で書いてあったわけではないけど、この本で一番強烈に印象に残りました。


と同時に、フランスがちょっと好きになりました。

|

« スパム、スパム、スパム!! | トップページ | 名前 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67570/12023707

この記事へのトラックバック一覧です: 怠けものよ、こんにちは:

« スパム、スパム、スパム!! | トップページ | 名前 »