« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

国民生活選好度調査H17年度

随分と久しぶりに

内閣府国民生活局の国民生活選好度調査
を見た。

簡単にいうと、国が行う、消費者マーケティングで、国民生活白書の基礎資料となるものです。

数年間隔で同じ項目を調査し、過去との比較が行われているのでの、その時どきの世相を反映した結果が出て面白いです。

H17年版(H18年6月公表)を見ると・・・大雑把に見て、

「老後生活のための年金や貯蓄など」の重要度が高い割りに、その充足度は低く、ニーズも高いという結果が出ている。

前回の2002年調査に比べても、老後関連の項目は大きく上昇(または下落)していて、国民全体として、先行き不安な世相のようです。

ついでに、H18年の国民生活白書を見ると、厚生労働省の「高年齢者就業実態調査」(55歳~69歳)からの引用で、「生活を維持するため」の就業が大半を占めるなど

白書は、前向きに書いてるけど、悲惨な数字が多い・・・

日本人の気質として、「前向きな発言」の時よりも、「結構ネガティブな発言」がされている時の方が、危機感から底力を発揮するといった話を聞いたことがあるけど、この場合は当てはまるかしら・・・

今朝の新聞でも社会保険庁の年金データのずさんな管理が問題視されたばかりだし・・・

まあ、老後が心配なことは変わらねえか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

名前

2月の予定の息子の名前は、嫁が妊娠したときに、

・男だったら、私が付ける
・女だったら、嫁が付ける

ということになった。

そんで、一応、男ということなので、

私が付けることになった。

5月ごろから悩んで、「叡」 という漢字だけは絶対に使うと決めた。

この字の意味は、「目の意」+「奥深い意」=「奥深く物事の真意を見通す意」。
で、「物事の真理を深く見通すもの」や「物事の真意を見極めるもの」や「大業を成し得る英知を持つもの」など。

ということで、「真の意味で賢くなって、人生を幸福に生きてほしい」という意味を込めることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »