« 2008年1月 | トップページ

克己

「克己」という言葉がある。

辞書には、「自制心、衝動・欲望を自己の意志で抑えること。」等と書いてある。

英語だと、self - control とか、self - restraintとか、

しかし、

『己に克つ』ということは、

実は、自尊心、セルフイメージ、自信等々が揺らいだり、凹んだりした時に

事実を受け入れられる心の度量なり、回復のスピードなり、学ぶ姿勢なり、都合の悪いセルフイメージに対する柔軟な姿勢なりが持てるか、

だと思うようになった。

つまり、”強い”ということではなくて、

自己否定を受け止められる柔軟さ、自信取り戻す回復力、失敗から学ぶ姿勢が、

『克己』にとって重要なんだと思うようになった。

そのことが良く判る本が、

コレ↓

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ